その他

耐用年数に達していたので、大きな不具合を起こす前にリフォーム

  • 施工事例No.002
  • 我孫子市 K様
  • 工事日数|約半日

物件データ

リフォーム箇所 給湯器
工 期 約半日
施工価格 約15万円
築年数 -
リフォーム内訳 給湯器本体、リモコン、取付施工費、既存給湯器撤去、廃材処分費

コメント

ホームページからお問合せ頂きました。


お使いになられている給湯器が耐用年数を迎えており、交換をご検討されているとのご相談でした。確認させて頂いたところ、給湯器は、まだ利用出来る状況ではありました。


ですが耐用年数を迎えている機器はメーカーに修理部品がストックされていない場合があり、不具合を起こしても結局、修理できないという事態や、仮に部品の在庫がメーカーに残っていたとして、その部品のみを修理できたとしても結局、他の箇所が不具合を起こしてしまうなどの悪循環を起こす可能性も考えられます。不具合の度にお湯は利用できなくなりますし、結局、最終的には慌てて交換することになってしまうことに成りがちです。


そのようなことを考えても「早めの交換」と「思いついた時が替え時」が最善の策ということで新製品への交換をおススメいたしました。


さらに余裕をもって交換することで、いろいろな最近機器を吟味できるだけではなく、他の箇所のリフォームをするので、ついでに一緒に給湯器も交換できる、ということも可能になるわけです。何より耐用年数を迎えている給湯器に修理費用を払うことを防げるわけです。


今回、K様は他の箇所のリフォームもございましたので、併せてご一緒に給湯器のリフォームを実現されました。

仕様

  • 給湯器:ノーリツ 2452シリーズ
  • リモコン:ノーリツ RC-D101